【Googleアナリティクス】GA4ではなく従来のユニバーサルで設定する方法

Googleアナリティクス・ユニバーサルのトラッキングコードを発行して設定する方法

新しいサイトを作成して、久々にGoogleアナリティクスに新しいサイトを連携させようとしたら…

あれ??なんか違う!!

と戸惑った方はいらっしゃいませんか??

GoogleアナリティクスがGA4に変更になり

『見にくい!』

『見方が全然分からない!』

という方のために

この記事では

GoogleアナリティクスをGA4で設定してしまい、見方がよく分からないので従来のユニバーサルで設定したい

GoogleアナリティクスGA4を削除せずに、従来のユニバーサル設定を追加する方法(UAから始まるトラッキングコードを発行する方法)

についてご紹介します。

目次

Googleアナリティクスで従来のユニバーサル設定をする方法

Googleアナリティクスを設定したら、前と見方が変わっていてよく分からない!!

私も戸惑いました…。

使い方もよく分からないし前の方が良い…。

新:GA4
旧:ユニバーサル

なんですね。

なんとなく設定していくと、新しいGA4の設定になってしまっていたので、ユニバーサルに変えたい!

という場合

GA4の方は削除せずに、ユニバーサル設定を追加するという形で対応が出来ます。

GA4で設定したものを削除する必要はありません。

ユニバーサル設定でUAから始まるトラッキングコードを発行しましょう。

①まず Googleアナリティクスの左下の『管理』をクリックします↓

②下の画面に移りますので、真ん中の『プロパティ作成』をクリックします↓

③プロパティ作成画面でプロパティ名を入力します↓(サイト名など分かりやすい名前で)

④次、ここが重要!!『詳細オプションを表示』をクリックします↓

『ユニバーサルアナリティクス プロパティ』の作成にチェックを入れる

ここの『ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成』にチェックを入れずに次に進んでしまうと、またGA4のトラッキングコードが発行されてしまうので必ずチェックを入れましょう!!

ここにチェックを入れるともう大丈夫です!

あとは、必要項目にチェックを入れてUAから始まるトラッキングコードをWordPressの中に貼り付けてOKです!

トラッキングコードの貼り付け方

JINの場合

JINの場合は、『HTMLタグ設定』の『head内』に貼り付けて『変更を保存』でOK

SWELLの場合

SWELLの場合は、トラッキングコード貼り付けの際に

『All in one SEO』または『SEO SIMPLE PACK』のプラグインを入れて指定場所にトラッキングコードを貼り付けます。

【Googleアナリティクス】GA4ではなく従来のユニバーサルで設定する方法・まとめ

Googleアナリティクスを久々に設定してみたら

何か前と違う!!!

前の方が良かった!!!

と思った時は新しいタイプのGA4で設定されている事と思います。

新しいものではなく従来のものが良い!と思った方は

一度GA4で作成したプロパティを削除せずにユニバーサルを追加する形で対応出来ますので、見にくくてお困りの方はぜひお試し下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる